ジオラインとスーパーメリノウールのすべて

モンベルの機能性インナーとは

モンベルのインナーは機能的だから購入しようとしても種類が多く困ってしまいます。特に、ジオラインとメリノウールのどちらが良いのか迷ってしまいます。僕自身メリノウール、ジオラインのほぼ全種類購入してますのでモンベルインナーの達人だと思います。2017年12月現在、身につけているインナーの全てがメリノウールとジオラインです。そんな僕がモンベルの素晴らしいインナーをガイドします。

→ モンベル(Mont-bell)とはこんなブランドです。

ジオラインとメリノウールの違い

違いをシンプルにまとめるとこうなります。

ジオライン→「汗が乾きやすく暖かい
スーパーメリノウール→「抜群に暖かく暖かさが持続し、臭くならない

ジオラインとメリノウールには、それぞれ、LW(薄手)、MW(中厚手)、EXP(厚手)の3種類の厚さがあります。(ジオラインには夏用のクールメッシュもあります。)

メリノウールの特徴をまとめました。
→ジオラインの魅力
LW(薄手)、MW(中厚手)、EXP(厚手)の3種類の特徴

用途別モンベルインナーの選び方

ジオラインとメリノウールの選択では基本はメリノウールをおすすめします。汗を大量にかく方、スポーツ用に使う方はジオラインを選ぶと良いです。

アンダーシャツは服装や上着で温度調節ができるので一番薄いLW(薄手)で十分です。特に、スーツスタイルの時は、ワイシャツに響かないLW(薄手)がおすすめです。

下半身は温度調整がしにくいので寒がりの方は、EXP(厚手)のタイツがイチオシです、寒がりではない方でもMW(中厚手)くらいが無難です。スポーツの時はEXP(厚手)のタイツでは暑すぎる感じがしました。

【冬の防寒対策】
超寒がり・冷えた環境で体を動かさない方
寒がり・冷え性の方
暖房が効いたオフィス・あまり寒がりでない方

【スポーツ】
スリーシーズン(春・夏・冬)用スポーツ
スキー・スノボなどウインタースポーツ

【夏の冷房対策】

【夏の暑さ対策】
真夏に汗が乾きやすく涼しいインナー

【ミニマリスト・海外旅行・海外出張者向け】
インナーの数を少なくして、洗濯の回数、荷物を極限まで減らしたい

モンベル製品のサイズ感

モンベル製品のメンズ、ウイメンズサイズはユニクロと同じサイズでオッケーです。ユニクロの服をお持ちでない方のためにサイズ表を作成しました。

キッズ用は105 120 135 150となっています。

メンズサイズ表
ウイメンズサイズ表
キッズ用サイズ表

Blog

ハワイに6泊8日で行った際に

2018年のお正月はハワイで過ごしました。 家族3人でスーツケース1個でホノルルまで行ったわけですが、荷物が少 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!